日本インテリアコーディネーター協会

CPD

よくある質問

一般的なCPD制度とは?
一般的なCPD制度とは、「Continuing Prpfessional Development」を指し、専門職のための継続的技能向上を図るシステムです。医療・建築業界などで取り入れられています。技能向上プログラムを継続的に受けることで得る、単位数・分野などの履修記録により、技能向上レベルが判り、仕事発注側が技能レベルを想定可能となり、要求スキルとマッチした人材の確保が見込めることから、広まってきました。
iconの「CPD制度」とは?
一般的なCPD制度を踏まえながら、2つの大きな目的をもった、icon独自の内部の認定制度です。

●会員の、継続的な能力開発を図ります

能力開発とは、技能向上(スキルアップ)、技術・情報更新(ブラッシュアップ)などです。icon独自の講座を受講することにより、強みを持つICへパワーアップしていくことを目指します。

●iconが会員の「認定」を行うことにより、スキルレベルを対外的に「見える化」し、ICのスキルと業務のミスマッチ解消を図ります。

取引先・施主に対して、どんなICがどんなスキルを持っているのかを、明確にすることにより、ビジネスに直結する機会をより多く創出することを目指します。

icon のCPD制度の基本の考え方、システムは?

●能力開発について

全正会員の継続的な能力開発を目指し、ビジネスに繋がる技能向上を図るための開かれた制度・カリキュラムとします。iconは、教育機関ではないため、会員個人の「真」の能力開発は、各自に委ねられます。賛助会員や関連企業との連携のもと、会員が相互に刺激し合い、ブラッシュアップしていくことで、スキルの「見える化」によるビジネスの獲得や、仕事への認知度が上がり、ICの地位向上につながっていくことを目指しています。

●「見える化」=認定制度について

認定には、総合力を認定する「トップコーディネーター」と、分野別の技能を評価・認定する「エキスパート」の2つがあります。この認定制度により、会員がどんなスキルレベルと実績をもっているかを、取引先・施主に対してicon独自の内部認定により明確に示して、ビジネスにつながる機会をより多く創出する助けになることを望んでいます。
総合力=「トップコーディネーター」と 分野別専門能力=「エキスパート」の2つの認定制度は、CPD制度を支える大きな柱ととらえています。言い換えると、総合力はゼネラリスト、分野別専門能力はスペシャリストの位置づけです。

認定を受けると仕事がもらえるのですか?
スキルの見える化によってビジネス獲得のチャンスは増えると思いますが、認定を受けることで、iconから仕事の依頼が行くことを約束するものではありません。ただ、iconに依頼のあった仕事の中で、認定者がふさわしいと判断された場合には依頼する可能性はありますが、予め仕事が受けられることを意思表示しているB会員に限られます。
認定の種類がいくつかあるようですが、概要を教えてください。

●「総合力」の認定・・・「トップコーディネーター」

総合力に優れたICをiconが認定するものです。総合力に長け、優れた実績を上げているICを、「トッププロ」として判断できるようにする認定です。
「総合力」の認定は、「icon認定 トップコーディネーター」という呼称です。
対象者は全正会員で、現在ICとして活躍している実務経験10年以上の方を対象としており、フリーランス、企業在籍を問いません。認定方法・更新要件などは別途詳細「iconCPD 認定制度の概要」の表をご覧ください。

●「分野別」の認定・・・「エキスパート」

IC関連分野の専門技能が一定レベル以上であることを認定するもので、特定分野に秀でたICであることが判断できるようにします。 各分野ごとの「エキスパート」は、現時点では、ホームファニシング、照明、造作家具の分野があります。
呼称例:「icon認定 ホームファニシング エキスパート」対象者は全正会員で、CPDの各分野の所定の講座をそれぞれ受講することにより、認定審査のうえ、認定します。認定方法詳細は、「iconCPD 認定制度の概要」をご覧ください。

「分野別」と「総合力」の違いは何ですか?
「分野別」は、特定の各分野に精通していることを、「総合力」は、文字通りICとして総合的な力量がトップレベルである、ということを表しています。
「分野別」は、各分野に精通していることを「見える化」していきます。
該当分野の所定の講座をすべて受講済みのうえ、本人の申請により、実務レベルを審査のうえ、認定します。
「総合力」は、ICとして総合的にバランスのとれた豊富な知識と高い技能を持ち、優れた仕事の実績があることを認定するもので、いわゆるベテランICをイメージしています。必ずしも特定の分野において突出した経験や知識を求めるものではありません。
ICとして優れていることだけではなく、協会での活動実績があり、後進の育成に積極的に協力していただける方、iconを代表して、ICのあるべき姿を体現していただく必要があります。
詳しい定義や認定方法・更新要件は、「iconCPD 認定制度の概要」をご覧ください。
誰でもCPDの講座は受講できますか?
会員であれば、どの講座も受講可能です。
正会員以外では、賛助会員の社員も受講することができます。
エキスパート認定講座とは別にプレ講座がありますが、これは、本講座とは別に、基本的なことを学んだり再確認する目的で開講されますが、プレ講座に限っては、会員以外の方も受講可能です。ポイントはつきません。
認定は、会員のみですか?
この認定制度はicon 独自のものですので、icon正会員に対してのみ、認定可能です。認定後は、名刺に記載することができます。認定者は、HP掲載等でアピールします。icon独自の認定のため、会員資格を失った時点で、認定は取り消されます。受講や認定を望む方は、iconに入会していただく必要があります。
iconCPD制度の講座はどのようなものですか?
講座の科目や、カリキュラム内容の基本的な考え方は、ICとしてビジネスに直結する内容、ビジネスに必須な事柄、一目置かれるICになるための内容であることなど、一般的に行われているセミナーとは一線を画し、icon独自の内容に特化したものと位置づけています。
分野別の場合、講座(カリキュラム)は、当面の間、インテリアエレメント商品分野の中から、ホームファニシング、照明、造作家具、の3分野ですが、将来的には、ICに必要と思われる分野、講座 などを増やしていく予定です。
講座ごとの対象者や区分けはどのようになっていますか?
分野別の各講座(カリキュラム)は、分野ごとにプロジェクトチームを編成し、決定します。
講座の内容は、実務に即した内容で、一般的な基礎知識の講座ではありません。あくまでもicon独自のオリジナル講座であり、IC目線での構成となっております。
他で基礎を学ぶ機会のない分野については、「プレ講座」が基礎講座に相当します。現在は、造作家具講座で開講しています。
講座名は、例えば、造作家具の場合、「造作家具 エキスパート認定講座」となります。
講座の開催は東京だけですか?
現段階では、東京開催が主となりますが、東京へ出向くことが難しい場合には、ZOOMによる受講も可能です。
ZOOMは、TV会議システムの一つで、カメラ付きノートPCもしくはスマートフォン、タブレットなどの携帯端末、デスクトップPC用ウェブカメラをお持ちの方なら受講可能です。スライドなどの画面も共有し、双方向通信が可能ですので、その場で質問をしていただくことも可能です。 ただし、現物サンプルに触ることができないなどのデメリットもありますことをご承知おきください。ZOOM受講可能な講座と、そうでない講座がありますので、予めお知らせいたします。
(できない例:照明効果を体験していただく講座、工場見学、ワークショップなど)
東京から離れた場所での講座をお望みの場合は、例えば10名以上のメンバーが一か所に集まることができれば、そのメンバー向けにZOOM講座が可能です。また、講師の交通費など一定額以上の受講料が見込める場合には、出張講座を検討します。
分野別の各認定講座の概要はどうなっていますか?
各認定講座の構成は、「プレ講座」「必須講座」「選択講座」「コラボ講座」「外部認定講座」の中から組み合わせる形式となります。
「プレ講座」は、エキスパート講座を受講するにあたり、知っておいてもらいたい基礎内容の講座です。受講してもポイントは付きません。科目により、設定の有無や、講座回数などは異なります。
「必須講座」は、その科目、級において必ず修得しておくべき内容としています。基本的には3回の講座受講で、10ポイント×3=30ポイントの取得となります。
「選択講座」は、選択講座(複数)の中から、自由に選択・受講し、単位数合計20ポイントを取得し、必須講座のポイントと合わせ、認定要件になるようにします。
「外部認定講座」は、icon以外の外部の講座で、1セミナー単位でCPD制度の対象講座に相応しいと認められた場合、その講座を「外部認定講座」と呼び、設定しています。
「選択講座」の代わりに、「外部認定講座」を受講頂く、もしくは既に受講済みであることを申告して頂くことで、ポイントに変えていきます。外部認定講座」の設定は都度行っていきます。
例えば、造作家具の場合、「プレ講座」+「必須講座」+「選択講座」+「共通講座」の構成となり、「外部認定講座」は現時点ではありません。他の分野の場合、「必須講座」+「選択講座」+「共通講座」のみの構成の場合もあり、分野によって異なります。
これは、各科目ごとに修得・レベルアップすべき内容が異なること、また、既存の外部講座の有無が分野によって異なること、等があり、あえて、統一しておりません。iconとして必要である、と判断した内容をカリキュラムとして構成しております。
必須は、各科目の「必須講座」だけですか?
「分野別共通講座」を設けており、科目に関係なく、必ず受講して頂く必要のある講座があります。内容は、年度ごとに変わっていきますが、今までに開講したテーマは、「接客コンサルティング」「リスクマネジメント」などです。どの分野にも共通するテーマを設けていきます。
外部のセミナー受講や資格取得は、ポイント付与になりますか?
外部の資格講座による資格取得や、受講終了者は申告により、予め決められたポイントを付与し、認定取得の単位にすることが出来ます。これを「みなしポイント」と呼び、選択講座受講の代わりとすることが出来ます。例えば、照明の講座の場合、外部の講座や資格は数多くあります。それらのうち、iconが「みなし講座」として設定している講座や資格を既に受講済み・取得済みの場合、申告によりみなしポイントが付与されます。
各科目の講座はいくつでも受講できますか?
各分野の講座は、概ね月1回開催ですが、他の講座も並行して、いくつかの分野・講座を受講することが可能です。想定としては、どれかの分野に特化して履修していき、修了後にその分野の認定を受ける形としています。
「分野別」の各講座は、必要な必須講座と選択講座及び共通講座によりCPD単位を取得すれば、認定審査の申請を行うことができます。
各分野の必須講座の中に、ワークショップのような、実務演習を設けています。その結果を評価シートによりフィードバックします。
各講座の受講申し込みは誰でも可能ですか?
基本的には、icon会員のための認定制度ですので、icon会員なら、誰でも受講が可能です。
新規会員募集の観点から、外部にも一部開放する講座を設けます。その場合は、入会したほうが有利になるよう、受講料の設定などで差をつけていきます。
「分野別」の講座は、5回前後の講座を基本として、予め科目毎に講座カリキュラムが決まっています。講座回数は科目によって異なりますし、「プレ講座」「必須講座」「選択講座」の構成は各科目で異なります。どの講座カリキュラムも、初回から続けての受講が望ましいですが、単発での受講も可能です。ポイントの有効期間は3年ですので、日程が合わずに受講できなかった場合でも、次回に受講してポイント合算のうえ、認定申請が可能です。所定の講座を全て受講していただき、認定取得につなげてください。
履修ポイントとは?
各科目の各カリキュラムの講座を1回受講する毎にポイント(単位)が取得できます。
ポイントは講座内容によって異なりますが、概ね50ポイントが認定申請に必要なポイントで、それ以外に共通必須講座を受講していただきます。(ポイント付与なし)ポイント制を採用しているのは、各科目、各カリキュラムによって、講座回数が異なるためです。また、外部認定講座の受講によって、決められたポイントをカウントして頂き、カリキュラムのポイント数に合算することで、 履修ポイントの獲得とするためです。
申し込んだ講座を欠席した場合はどうなりますか?
基本的に、決められた講座カリキュラムを全て受講頂くことを前提としています。欠席の場合は、次期開催時に受講して下さい。
申し込んだ講座の開始時間に遅れての受講はOKですか?
原則として認められませんが、最終的には当日の講講師と責任者の判断にゆだねます。
認定されると、何か、認定書がもらえるのですか?
認定には認定料が必要です。(2万円)入金確認後、認定書を発行します。
認定のために、事務局で受講ポイントが管理され、HPの所定の欄に、認定者一覧という形で掲載する予定です。iconの名刺とご自身の名刺に、称号を記載することが出来ます。
一度認定されると、更新などはありますか?
「エキスパート」の認定期間は3年間です。更新を望む場合は、所定の講座受講をクリアしたうえで、更新申請をしていただき、審査のうえ、認定要件が満たされていれば更新されます。
更新認定料が必要です。(1万円)「エキスパート」と「トップコーディネーター」いずれも、認定期間を3年として、更新時に必要講座の受講(新トピックスに関する講座)、会への貢献度など、要件を設定予定です。更新認定料と共に、要件を満たした場合に、それらの称号は継続して使うことが出来ます。更新制度にしている理由は、第一線級で活躍しているプロなので、常に最新の情報・スキルを持ち合わせているかを確認するためです。また、会での活動歴や貢献度なども考慮されます。
分野別カリキュラムは誰が作っていますか?
カリキュラムは、能力開発Divの中の「分野別プロジェクトチーム」にて、参画する専門分野の経験豊かな会員を中心に賛助会員や関連企業も交え、作成しています。
特にフリーランスICに必須と思われる項目でカリキュラムや内容、icon独自性や業界内部の必須事項などを盛り込むなど、検討を重ねてカリキュラムを作成しています。
カリキュラムは、通常、2、3年は同内容で行い、その後、見直し改定していく想定です。新規分野や、外部セミナーの認定など、CPDとしての決定には、能力開発Divにおいてレベルの平準化、認定基準の明確化などをしたうえで決定しています。
各講座の講師はどのような方ですか?
各科目の各カリキュラム講座の講師は、主にiconトップコーディネーターや分野別エキスパートレベルの会員や賛助会員、関連企業などが担当します。外部から招いてのプロフェッショナル講師にお願いする場合もあります。講師を務める方は、その道に精通している方で、主に現場に即した内容などを講義して頂きます。
外部講師に全てをお願いするわけではなく、なるべく内部の会員講師でICの視点を大切にした構成で行っていく方向で予定しています。
支部の様々な活動や研修、また、外部で行っているセミナー等は、講座対象ではないのですか?
どのようなセミナー・講座をCPD制度に組み込んでいくかは、能力開発Divで決定していきます。
iconは、職能団体であって、知識・技術習得を第一目的にする「学校」ではありません。よって、全ての分野を網羅したり、必要と思われるプログラムを全てiconで用意するのではなく、外部セミナー等、CPD制度の観点から必須・推奨と思われるセミナーを、CPD制度の中で位置づけていくことも「外部認定講座」として、設定をしていく方向です。
また一定の外部資格を取得している方や、外部教育プログラムを終了した方は、必要な講座を受講したとみなす制度「みなし取得」=「みなしポイント」として取り入れていくことにしています。
支部主催のセミナー・研修も、CPD制度に位置づけて組み込んでいく事も今後可能性として出てくると想定しています。
CPD制度としては、専門に特化した履修プログラムとのバランス、会員スキルの見える化などを勘案し、トータルで判断していきます。CPD制度とは別の視点で行う支部のセミナー・研修であっても、CPDプログラムとして相応しいと、分野別プロジェクトチームと能力開発Divが判断すれば、認定講座に指定していきたい、と考えています。
本部で策定したカリキュラムに則して行う予定です。支部主催の講座でCPDに相応しいと思われるものは能力開発Divに随時ご提案頂き、ふさわしいと認められれば、CPD講座として開催することを検討します。
地方の支部の場合は、どうなりますか?
講座の実施は各支部の協力を得て行います。
具体的な展開については、支部と能力開発Divが相談して支部の状況を配慮して決めていくことにしています。
会社勤めで、平日は受講しにくいのですが、対応してはくれないですか?
なるべく多くの皆さんに受講して頂く機会を作るように進めております。会場の都合や賛助会員の都合もありますので、ZOOM受講なども含め、検討していただければと思います。
ポイントの管理や、認定などの個人情報はどのように管理されるのですか?
本部の能力開発Divで一括管理します。
協会の個人情報保護基準にのっとった管理の下で、認定者は、内外に向けてHPでもアピールしていく予定です。
ページの先頭に戻る

プライバシーポリシー