日本インテリアコーディネーター協会

インフォメーション

「FOR GOOD 津山展」開催 2018年2月8日~10日

TSUYAMA.AREA X icon

[2018年03月10日]

津山市地域雇用創造協議会主催、icon共催の「FOR GOOD 津山展」が新宿パークタワーで開催されました。ヒノキ生産量日本一を誇る岡山県の北部津山地域。「木の匠」7社が揃い、モノづくりの技とデザインを体感できる木工・家具の展示会で2015年から毎年開催され、今年は3回目になります。
今回は、岡山地域を中心とするicon会員が出展7社の製品を使って住空間のコーディネート展示を行い、注目されました。

展示会に参加したのは、イマガワ、KITAWORKS、すえ木工、津山銘木、ヨネモノ、玩具工房コースケ、アーツ&クラフツビレッジの7社。テーブルやキャビネット、インテリア小物など約250点が並びました。このうち9点はインテリアコーディネーターが出展企業などに依頼した家具です。

会場中央に「se・i・re・n 津山テイスト」と名付けられた2つの展示ブースがしつらえられ、「2人暮らしで共働きの若い夫婦」「娘を持つ30代後半~40代の家族」という想定の下、岡山県産材を中心にテーブルやスツール、掃除機を隠せる収納、県産和紙を使った照明などを製作し、展示しました。

今、木や木製品を取り入れた暮らし方が見直されており、インテリアコーディネーターとして津山をはじめ、林業や木工が盛んな地域の産業を後押しできればと考えています。


津山展/新宿パークタワー1階ギャラリー

「se・i・re・n 津山テイスト」A 共稼ぎの30代前半の夫婦のSOHOスタイルダイニング

「se・i・re・n 津山テイスト」B ナチュラルで暖かい家族の温もりを感じるブース

今回展示を担当した岡山,中国地域のicon会員

津山銘木のテーブルと丸太の椅子、ヨネモノのソファ

すえ木工のデニムパネルとカウンター、キタワークスのスタンドライトとアイアンバーなど

イマガワの建具。ぐるりの四周アクリルのスリットと、とめ加工、岡山ヒノキの美しさ

インフォメーション一覧に戻る

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシー