日本インテリアコーディネーター協会

インフォメーション

賛助会員のSDGsへの取り組みを学ぶ「クロスミーティング」開催しました

2020年12月10日 オンライン

[2021年01月13日]

iconの正会員と賛助会員が意見交換をする、毎年恒例の『iconクロスミーティング』、今回はSDGsをテーマに流通活性化Div.とSDGs推進会議の合同開催で実施しました。事前に、賛助会員各社にSDGsへの取り組みについてアンケート形式のヒアリングを行い、その中から3社の内容について各担当者が発表しました。また、新しく賛助会員になられた企業担当者からは、海外のファブリックス事情についての話がありました。

日 時:2020年12月10日(木) 15:00~17:00
会 場:Zoomによるオンライン会議
参加者:正会員 20名、賛助会員 7名


【取り組みの紹介】
 ■株式会社弘和 高橋丈夫氏
   オーダーカーテン縫製の専門企業で、茨城県の工場では、地元雇用中心(女性70%)で、
   技術力維持のため、正社員として終身雇用し地域貢献している。定年延長制度を採り入れ、
   低VOC、非VOCタイプフックの採用や、通い箱の採用、他業者との共同配送の実施などで
   段ボール箱の削減を図った(GOAL8,12,13)。
 ■株式会社シオン 石川公一郎氏
   「いわての中小企業とSDGs経営」というセミナー勉強会を主催。自社を持続可能に経営
   する指針としてSDGsの視点を取り入れることが有効と考えている。
 ■株式会社シリカライム 三浦沙紀子氏 
   製品であるシリカライムの普及がSDGsに貢献している。接着剤の不使用、空気清浄機や
   加湿器・除湿器が不要なことで、電力消費を抑え、環境負荷をへらしたり、人数が減って
   いる左官職人の技術を必要としている(GOAL3、7、8、11、12)。

【海外の状況について】
 ■bp international tokyo株式会社 林田典子氏    
   ヨーロッパのファブリック企業では、グローバル化による売り上げの減少に対し、ブランド
   や機能性のほかに、その商品を選ぶ理由として、環境への負荷軽減や社会的問題への配慮を
   しているか、を訴えることが重要になっている。例えば、オーガニックコットンを使うこと
   がなぜ重要か等、ヨーロッパの商品を扱う企業として、消費者にそういった問題を訴えてい
   くことが大切。との考えを話されました。



高橋丈夫氏         石川公一郎氏

三浦沙紀子氏        林田典子氏


        目指すゴール

今回、企業の取り組みを知ることで、ICとしてSDGsにどのように取り組んでいくか、を考えるヒントを得ることができました。


12月10日クロスミーティング開催案内 (PDF:427.7KB)

インフォメーション一覧に戻る

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシー