日本インテリアコーディネーター協会

インフォメーション

2013年1月15日に東京圏支部研究委員会の第1回見学会を開催しました

[2013年02月13日]


 

熊谷邸は内部の見学は可能でしたが撮影禁止のため、写真は外観のみです。
内部は、和室と洋室があり、住空間の和から洋への変換期の建物であることを物語っていました。
細かいところに女性らしい柔らかい表情の仕上げが施され、IC目線で建具などの詳細なスケッチ、採寸をしてきました。
高台にあり、道路からすぐの少し急な階段を登るので、「晩年に生活するのは大変だったのでは?」という感想が漏れました。



こちらは川端龍子の私邸とアトリエで、見学は外部からですが、ガラス越しに撮影可能でした。
自身で設計しただけに、各所にデザインの工夫が見られました。
敷地が大変広く、門から自然林のような庭を通るアプローチの先に広いアトリエを含む私邸がありました。
記念館も龍子の設計だそうです。


「近くにある」ということで、有名な池上本門寺にも足を伸ばしました。(実際にはだいぶ歩きました!)
本堂の天井画は、龍子の最後の作品(未完成だったという話も)です。

高台にある境内からは、うっすらと富士山も見え、小旅行気分を盛り上げてくれました。

インフォメーション一覧に戻る

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシー